カテゴリー「GMA」の1件の記事

2020年8月 5日 (水)

ゴードン・マレー・オートモーティブ T.50 のファンの働きがわかった気になる動画

ゴードン・マレー・オートモーティブ T.50 のファンの働きがわかった気になる動画

独創的なアイデアで高い戦闘力を持つF1マシンを設計してきた天才ゴードン・マレーが満を持して放つロードカーがGMA(ゴードン・マレー・オートモーティブ) T.50。マクラーレン F1の真の後継車と言えるでしょう。

なんと言っても特徴的なのは、自身がブラバム時代に設計した後部ファンによる強制ダウンフォース発生装置を装備したBT46B(通称 ファンカー )の思想を現代に蘇らせた事。

当時、低速でもダウンフォースが効くBT46Bはいきなりデビューウィンを飾る活躍を見せたものの、他チームから後ろに小石が排出されて後続車が危険というクレームが相次ぎ、わずか1戦のみで引退となってしまいました。

あれから約40年。最新技術で現代に蘇ったT.50のファンは一体どのような働きをするのでしょうか?

自動翻訳で見るとよりわかりやすいです
The £2.5 million V12 GMA T.50 is the next McLaren F1 – and it uses a fan to create downforce

てっきり底面全体の空気を抜くのかと思ったら、ディフューザーの根本部分の空気を抜くだけで大きなダウンフォースが発生するんですね。ハイダウンフォースモードではリアのアクティブエアロとの連携で30%もダウンフォースが増加するのだとか。

さらにストリームラインモードでは、空気を大きく後方に排出する事で後部に発生する負圧を抑え10%も抵抗を低減。いわゆるロングテールにするのと同じ効果ですね。

ダウンフォースは増えるは抵抗は減らせるはでファン超万能wwww もちろん砂利やゴミがダクトに入っても大丈夫なようにフィルターが付いているのでファンも後続車も安心です。

1トンを切る超軽量な車体に12,000rpmを許容する超高回転型663馬力 自然吸気V12エンジン。そして風を味方につけた斬新なエアロダイナミクスと、まさに最強のファン(FAN/FUN)カーではないでしょうか。

DCTが当たり前となっている現代において、あえて3ペダル Hパターン6速MTを搭載してきたのもスゴイ!ゴードン・マレー曰く究極のアナログカーなんですって。

マクラーレン F1が出た時も度肝を抜かれたけど、T.50でまたビックリ!やっぱすげーわ ゴードン・マレー!

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Facebookにシェア

関連記事 BlogRanking... 乗り物動画...

超短距離で止まれるバキュームブレーキシステムがスゴイ!っていう動画 超短距離で止まれるバキュームブレーキシステムがスゴイ!っていう動画
緊急時に超短距離で止まる事が出来るバキュームブレーキシステムの紹介動画です。いくらものすごいブレーキを取り付けても...
ゼンヴォ TSR-S のアクティブエアロの動きがスゴイ! ゼンヴォ TSR-S のアクティブエアロの動きがスゴイ!
1200馬力のパワーを誇るゼンヴォ TSR-S のアクティブエアロの動きを撮影した動画です。オランダで行われたスーパーカーイベントに集まった...
ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテのアクティブエアロ ALA の解説動画 ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテのアクティブエアロ ALA の解説動画
ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテのアクティブエアロ ALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva) の解説動画です。先日、ニュル6分52秒...
R34 GT-R でダウンフォースを考えたドライビングをしようの巻 R34 GT-R でダウンフォースを考えたドライビングをしようの巻
日産 スカイライン R34 GT-R でダウンフォースを考えたドライビングをしよう!っていう1999年の懐かしベスモ動画です。国産量産車で初めて...
超絶ダウンフォースをゲットしたトヨタ セリカ 超絶ダウンフォースをゲットしたトヨタ セリカ
超絶ダウンフォースをもたらす(かもしれない)リアウイングをつけたトヨタ セリカが発見されました。ダウンフォースを得るには...

スポンサーリンク

| | コメント (0)