« ミニ JCW GP ニュル 8分3秒86 フルオンボード動画 | トップページ | バイク「橋が細いから気をつけて渡るよ」 »

2020年7月15日 (水)

アメリカの白バイ隊員が狭い場所での技術を競うロデオ大会

アメリカの白バイ隊員が狭い場所での技術を競うロデオ大会

重量級の白バイを手足のように操る高度な操縦技術を目の当たりにすると白バイ隊員ってスゴイなーと毎回感心してしまいます。

そんな白バイ隊員の技術向上のため様々な大会が行われており、例えばこちらはアメリカの白バイ隊員が狭い場所での操縦技術を競うロデオ大会のひとつ「エリミネーターボックス」。

300kg以上あるハーレーを狭いコース内で自在に操る見事なテクニックについ見入ってしまいました。簡単そうに見えるけど実際は激ムズです。

Police Motorcycle Rodeo - Eliminator Box Competition

ルールはこんな感じ。
・2台一組でコースに入る
・後続車は先行車の通ったコースを通らなければならない
・コースアウト、パイロン接触、足を付いたら負け
・後続車が先行車の通ったコースを通れなかったら後続車の負け
・後続車が先行車に90秒ついていけたら先行車の負け

純粋な操縦技術だけでなく相手との駆け引きの要素があるのも面白いですね。若干先行車有利かと思いきや、クロスする場所で逆に先行車の動きを封じるテクもあったりと意外と奥が深そう。
ちなみに最後に決勝で優勝したのは後続車でしたよん。

おまけ ニューヨーク州ヨンカーズの警察バイク学校

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Facebookにシェア

関連記事 BlogRanking... 乗り物動画...

スポンサーリンク

|

« ミニ JCW GP ニュル 8分3秒86 フルオンボード動画 | トップページ | バイク「橋が細いから気をつけて渡るよ」 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニ JCW GP ニュル 8分3秒86 フルオンボード動画 | トップページ | バイク「橋が細いから気をつけて渡るよ」 »