« スワーゲン ゴルフR vs ホンダ シビック TYPE R vs ヒュンダイ ヴェロスターN ドラッグレース&サーキットラップタイム対決動画 | トップページ | 超はええええええ!フォルクスワーゲン ID.R ニュルEV最速 6分5秒336 フルオンボード動画 »

2019年6月 4日 (火)

SUVの急ハンドルは安定しないから気をつけろ!

SUVの急ハンドルは安定しないから気をつけろ!

最近は猫も杓子もSUV。世界的にSUVブームが到来し各メーカーからは新型SUVが続々と登場しています。

確かに高い運転席は見通しがよくそれでいてミニバンよりスタイリッシュなため人気で出るのもわからないでもありません。しかし車高が高いという事はコーナリングはそれだけ不安定になりやすいのもまた事実です。

km77.comが独自に調査しているエルクテスト(ムーステスト)では、そのあたりの作りの違いが如実に現れます。特にサスが柔らかく底付きしやすい車は、その反動で車体がボヨンボヨンしてしまうのです。

こうなってしまうとせっかくESCが四輪を制御しようとしてもタイヤが接地せず為す術なし。特にキア スポーテージ、マツダ CX-3、トヨタ RAV4、スズキ ジムニーはその挙動を抑えられず残念な結果になってしまいました。

反対にBMW X5はサスが暴れないようにうまく制御していると思います。ホンダ HR-Vはボヨンボヨンしつつも結果的には悪くないですね。

KIA Sportage 2018 - Maniobra de esquiva (moose test) y eslalon | km77.com

Mazda CX-3 2018 - Maniobra de esquiva (moose test) y eslalon | km77.com

Toyota RAV4 2019 - Maniobra de esquiva (moose test) y eslalon | km77.com

Suzuki Jimny 2019 - Maniobra de esquiva (moose test) y eslalon | km77.com

BMW X5 2019 - Maniobra de esquiva (moose test) y eslalon | km77.com

Ford Fiesta Active 2018- Maniobra de esquiva (moose test) y eslalon | km77.com

Hyundai Tucson 2019 - Maniobra de esquiva (moose test) y eslalom | km77.com

Honda HR-V 2019 - Maniobra de esquiva (moose test) y eslalon | km77.com

Citroen C5 Aircross 2019 - Maniobra de esquiva (moose test) y eslalon | km77.com

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Facebookにシェア

関連記事 BlogRanking... 乗り物動画...

マツダ ロードスター RF他のエルクテストを見てみよう マツダ ロードスター RF他のエルクテストを見てみよう
マツダ ロードスター RF のエルクテスト(ムーステスト)は中々優秀だったぞっていう動画です。km77.comが車の持つ緊急回避能力を...
アルピーヌ A110 の横滑り防止装置は役に立たないから気をつけろ! アルピーヌ A110 の横滑り防止装置は役に立たないから気をつけろ!
アルピーヌ A110 のエルクテスト(ムーステスト)の結果がひどすぎてビックリっていう動画です。km77.comが独自の基準で実施している...
ホンダ フィットのエルクテストが優秀すぎてビックリしちゃいました ホンダ フィットのエルクテストが優秀すぎてビックリしちゃいました
ホンダ フィットのエルクテスト(ムーステスト)が優秀すぎてスポーツカーもビックリっていう動画です。わざと急ハンドルを切って危険回避性能を...
メキシコの日産 キックスは横転するから気をつけろ!っていう動画 メキシコの日産 キックスは横転するから気をつけろ!っていう動画
メキシコで販売されている日産のコンパクトSUV キックスは横転するから気をつけろ!っていう動画です。北米や南米、中国などで販売されている...
トヨタ 86、マツダ ロードスター他のエルクテストを見てよう トヨタ 86、マツダ ロードスター他のエルクテストを見てよう
スペインのカーメディア km77.com が行ったエルクテスト(ダブルレーンチェンジテスト)の中から気になったスポーツカーを紹介します...

スポンサーリンク

|

« スワーゲン ゴルフR vs ホンダ シビック TYPE R vs ヒュンダイ ヴェロスターN ドラッグレース&サーキットラップタイム対決動画 | トップページ | 超はええええええ!フォルクスワーゲン ID.R ニュルEV最速 6分5秒336 フルオンボード動画 »

ホンダ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

BMW」カテゴリの記事

フォード」カテゴリの記事

シトロエン」カテゴリの記事

マツダ」カテゴリの記事

トヨタ」カテゴリの記事

スズキ」カテゴリの記事

ヒュンダイ」カテゴリの記事

キア」カテゴリの記事

コメント

ムーステストで挙動がメチャクチャになる車は、
ダンパーに腰が無いという共通点があるようだね。
乗り心地をなるべく柔らかくしようとして、
減衰力を非常に弱く設定しているのが何度もバウンドしてしまう原因だと思う。

投稿: | 2019年6月 4日 (火) 14時47分

どこかに妥協点を出さないといけないから普段の快適な乗り心地か限界時の挙動かと言われると皆さんどっちをとります?

投稿: | 2019年6月 5日 (水) 05時58分

もちろん限界時の挙動。
これが高ければ事故を回避できる可能性が高まるし、
極端に言うと死ぬ確率も明らかに低くなる。

投稿: | 2019年6月 5日 (水) 07時19分

今は電子制御でダンパーの硬さを瞬時に変えられるから、普段は柔らかく緊急時には硬めにして動きを抑えるようにできないもんかね。

投稿: | 2019年6月 5日 (水) 12時30分

↑急にダンパー固くなったら凍結路面はどうする?
まぁ、そういう事だよ。

投稿: | 2019年6月 5日 (水) 20時50分

限界時の挙動って普通の運転してるとそこまでいきませんよ・・・ですから適度な足で落ち着くんじゃないですか?

投稿: | 2019年6月 6日 (木) 06時18分

SUVタイプのテストでブレーキ踏みながら進入していないのは何か理由があるのかな?
ブレーキ踏んで加重のコントロールするのとしないのでは安定性がかなり変わるけど?

投稿: | 2019年6月 6日 (木) 21時03分

このスピードとこのコースではブレーキを入れると荷重移動が入りESCが介入してもコースを飛び出すんじゃないの?ブレーキ無しESC効いてギリギリだから、どうなるかやってもらいたいけど。

投稿: | 2019年6月 7日 (金) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スワーゲン ゴルフR vs ホンダ シビック TYPE R vs ヒュンダイ ヴェロスターN ドラッグレース&サーキットラップタイム対決動画 | トップページ | 超はええええええ!フォルクスワーゲン ID.R ニュルEV最速 6分5秒336 フルオンボード動画 »