« ラッシュアワーの高速道路で「ながら運転」してるドライバーを数えてみた | トップページ | BMW の正しい運転方法 »

2017年3月 6日 (月)

テスラ モデルS はバッテリー残量によってパワーに違いが出るか実験してみた動画

テスラ モデルS はバッテリー残量によってパワーに違いが出るか実験してみた動画


モーターの極太トルクを活かし0-96km/h 2秒台という怒涛の加速力を誇るテスラ モデルS。普通の車は燃料が満タンの時と空の時でパワーが変わる事はありませんが、EVの場合バッテリーが満タンの時と空の時で違いが出るのでしょうか?

私が昔モデルSを試乗した時「バッテリーが減ったらパワーは落ちますか?」と聞いたところ、テスラの人は「変わりません」と断言したのを覚えています。

「テスラは他のEVと違いバッテリー管理にはかなり気を使っています」との事で、その時は「ほう、さすがテスラだ」なんて感心したものです。

でも実際はどうなの?って事でモデルS P100D のバッテリー残量が10%、24%、50%、76%、99%の時にそれぞれローンチコントロールで急加速を行いマックスパワーの計測実験をしちゃいました。果たして結果は如何に?

Tesla P100D Ludicrous Testing 0-60 MPH vs Battery State of Charge 10% to 100%


10% 329kW 3.9秒(0-96km/h)
24% 485kW 2.9秒
50% 527kW 2.7秒
76% 559kW 2.5秒
99% 576kW 2.5秒(ちょいホイルスピン)

と、やはりバッテリー残量によってマックスパワーも変わるという当たり前の結果になりました。あの営業適当な事言いやがって!(怒)

とは言っても10%の残量でも0-96km/h 3.9秒って速すぎw

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Facebookにシェア

関連記事 BlogRanking... 乗り物動画...

この走り方をすれば自然渋滞を無くせるぞ!渋滞吸収理論実験動画 この走り方をすれば自然渋滞を無くせるぞ!渋滞吸収理論実験動画
高速道路などでサグ(下り坂から上り坂に変わる場所)やトンネル手前などで起こる自然渋滞を解消するための渋滞吸収理論を実践してみた...
タイヤの代わりにマンホールの蓋を履かせてみた タイヤの代わりにマンホールの蓋を履かせてみた
ディスカバリーチェンネルで放送されていた怪しい伝説よりタイヤの代わりにマンホールの蓋を履かせたらどうなるか試してみた...
エンジンが熱い時にラジエターキャップを開けてはいけない理由がわかる動画 エンジンが熱い時にラジエターキャップを開けてはいけない理由がわかる動画
エンジンが熱い時にラジエターキャップを開けてはいけない理由がわかる実験動画です。熱くなったエンジン熱くなったエンジンから熱を...
走行中に電動パーキングブレーキをかけたらどうなるか実験してみた 走行中に電動パーキングブレーキをかけたらどうなるか実験してみた
シボレー コルベットの電動パーキングブレーキを走行中にかけたらどうなるか実験してみたっていう動画です。高級車を中心に...
スマホのバッテリーをプレス機で潰してみた実験動画 スマホのバッテリーをプレス機で潰してみた実験動画
スマホのバッテリーをプレス機で潰してみたらどうなるか実験してみたっていう動画です。普段何気なく使っている携帯電話やパソコン、EVや...

スポンサーリンク

|

« ラッシュアワーの高速道路で「ながら運転」してるドライバーを数えてみた | トップページ | BMW の正しい運転方法 »

テスラ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

温度は華氏だし速度はマイルだからマイナス評価しといたわ

投稿: | 2017年3月 7日 (火) 08時44分

↑この場合そこはどうでもいいだろ

投稿: | 2017年3月 7日 (火) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84839/64980915

この記事へのトラックバック一覧です: テスラ モデルS はバッテリー残量によってパワーに違いが出るか実験してみた動画:

« ラッシュアワーの高速道路で「ながら運転」してるドライバーを数えてみた | トップページ | BMW の正しい運転方法 »