« エアコン無しでも真夏を快適に過ごせるかもしれない動画 | トップページ | はえー!超絶速いロータリーエンジン搭載のラジコンカー »

2015年7月 6日 (月)

モンスター田嶋 パイクスピーク2015 決勝フルオンボード動画

モンスター田嶋 パイクスピーク2015 決勝フルオンボード動画


パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015 で総合2位になったモンスター田嶋選手がドライブする  TEM APEV E-Runner のフルオンボード動画です。

EVで初の総合優勝を飾るべく乗り込んだ今年のパイクスピークでしたが、優勝は同じEVクラスに出場したリース・ミレン選手に奪われてしまい我らがモンスター田嶋選手は残念ながら2位となってしまいました。ちくしょー!

しかし田嶋選手は今年で65歳とはとても思えないですね。1.1メガワット(約1500馬力)もある E-Runner を難なく乗りこなしちゃうんですから。さすがモンスター!

TEAM APEV with MONSTER SPORT PIKES PEAK 2015 Finals 【TEAM APEV with モンスタースポーツ パイクスピーク2015 決勝オンボード】


それにしてもこの車立ち上がりがめっちゃ速い!こりゃスゲーわ!

後、たまにサイレンみたいな音が聞こえるけどなんだろ?

はてなブックマークに追加 Yahooブックマークに追加 Googleブックマークに追加 Facebookにシェア livedoorクリップに追加

関連記事 BlogRanking... 乗り物動画...

なんと1メガワット!モンスター田嶋のE-Runnerをシャシダイに乗せてみた動画 なんと1メガワット!モンスター田嶋のE-Runnerをシャシダイに乗せてみた動画
パイクスピーク2015で総合2位に輝いたモンスター田嶋選手の E-Runner をシャシダイに乗せて計測している動画です。今年の車両「2015 Tajima ...
モンスター田嶋のスーパー86がレース・トゥ・ザ・スカイ 2015でクラッシュしちゃう動画 モンスター田嶋のスーパー86がレース・トゥ・ザ・スカイ 2015でクラッシュしちゃう動画
ニュージーランドで行われたヒルクライム競技 レース・トゥ・ザ・スカイ2015で我らがモンスター田嶋選手のスーパー86がクラッシュ...
パイクスピーク2015 総合優勝 リース・ミレン 電気自動車9分7秒222 フルオンボード動画 パイクスピーク2015 総合優勝 リース・ミレン 電気自動車9分7秒222 フルオンボード動画
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015 で総合優勝を果たしたリース・ミレン選手の電気自動車 eO PP03 が記録した...
モンスター田嶋 パイクスピーク2014 決勝フルオンボード動画 モンスター田嶋 パイクスピーク2014 決勝フルオンボード動画
2014年6月29日 アメリカ コロラド州で行われた第92回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2014に出場したモンスター田嶋選手の...
パイクスピーク2014 電気自動車改造クラス優勝 総合2位 三菱 MiEV EvolutionⅢ フルオンボード動画 パイクスピーク2014 電気自動車改造クラス優勝 総合2位 三菱 MiEV EvolutionⅢ フルオンボード動画
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2014で電気自動車改造クラスで優勝、総合でも2位に入った三菱 MiEV EvolutionⅢ...

スポンサーリンク

|

« エアコン無しでも真夏を快適に過ごせるかもしれない動画 | トップページ | はえー!超絶速いロータリーエンジン搭載のラジコンカー »

」カテゴリの記事

コメント

EVは排気音が出ないので観客に車両の接近を知らせるための音(サイレン)が義務だったかと

投稿: | 2015年7月 7日 (火) 01時03分

ラリーで言うマシンが来ますよ〜って言う警告音だね確かEVになった当初からあるし主本人が前に解説してた気が……

投稿: | 2015年7月 7日 (火) 04時11分

コース自体の迫力がなくなったな〜

投稿: | 2015年7月 7日 (火) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84839/61847721

この記事へのトラックバック一覧です: モンスター田嶋 パイクスピーク2015 決勝フルオンボード動画:

« エアコン無しでも真夏を快適に過ごせるかもしれない動画 | トップページ | はえー!超絶速いロータリーエンジン搭載のラジコンカー »